賃金引き上げ

今回は業界が少し異なりますが

鉄関係の工場で働く従業員の

最低賃金がカナダ、アメリカ、メキシコで

値上がりするお話です

最低賃金が一律18ドルの時給となります

現在板金屋さんなどの

メキシコの最低賃金が

日給8ドルくらいなので

逆にアメリカの会社が

現在メキシコにお願いしてる仕事は

メキシコからの運賃も考えると

コストが合わなくなります

そうなると少しでもコストを抑えるために

メキシコへの業者には

仕事を以来せず

アメリカ国内の業者に

仕事をお願いすることになる

アメリカでの失業率が減る

というトランプの目論見なのでしょうか

一方で全ての値段が上がりますね

鉄系の素材を使う製品は全てです

車、冷蔵庫、電子レンジなど…

コストを抑えるため

鉄系の素材を最小限に抑え

他に代用できる素材を

メーカーが探すことにはなります

一方で一時的な値上げは

避けられないでしょう

アメリカにお住いの方は

値段が上がる前に

買い換えてはいかがでしょうか

関連記事

  1. アメリカ・米国進出 展示会

  2. アメリカ展示会視察

  3. メーカー売上予測速報

  4. 普段と違うことをしてみる

  5. 年末年始のお休み

  6. 2020年オリンピック

無料進呈中

  1. 2019.02.18

    展示会

  2. 2019.02.11

    アメリカの問屋事情

  3. 2019.02.04

    タルク

  4. 2019.01.30

    医薬品輸入代行

  5. 2019.01.21

    賃金引き上げ