アメリカの問屋事情

日本のようにアメリカには

問屋さんという概念が

あまり浸透していません

逆を言うと

大きなメーカー商品は

小さな小売店で販売してるケースが

少ないです。

量販店で言いますと

ウォールマートなどが挙げられますが

大きなメーカーは

ウォールマートなどの

会社の商品登録システムに

登録を全て行います。

リテーラーにより差がありますが

商品入荷の

●ヶ月前までに済ませておくこと

など締め切りがありますよ

商品登録は

それだけでなく

商品のパッケージのディメンションや

重さ

商品名や

バーコード番号など

全て入力しなければなりません。

もし間違えた場合は

究極の場合

店舗に商品が入りません

それだけでなく

ペナルティが課せられて

罰金となる場合もあります。

アメリカへ進出するのは

たくさんの処理すべきことがあり

日本のそれと異なるものがたくさんあります

関連記事

  1. こうして始まったOC Bath and Body

  2. ココシャネル名言

  3. タルク

  4. 謹賀新年

  5. 会社を立ち上げる?個人事業主にする?

  6. 2020年オリンピック

無料進呈中

  1. 2019.02.18

    展示会

  2. 2019.02.11

    アメリカの問屋事情

  3. 2019.02.04

    タルク

  4. 2019.01.30

    医薬品輸入代行

  5. 2019.01.21

    賃金引き上げ