【便利ツール】アメリカ輸入-関税がすぐにわかるリンク

こちらは2020年2月22日に作成した記事となります

アメリカに御社の商品を輸出したい場合、

現地での大まかな販売価格を想定するひとつに関税を知ることが必要です

そんなアメリカの関税が一覧できるリンクをご紹介いたします

そのリンクがこちら

 

例えば靴をアメリカに向けて卸販売をしたいメーカーを例に挙げてみましょう

1)セクションXIIを見ます

Section XII: Footwear, Headgear, Umbrellas, Sun Umbrellas, Walking Sticks, Seatsticks, Whips, Riding-Crops and Parts Thereof; Prepared Feathers and Articles Made Therewith; Artificial Flowers; Articles of Human Hair

上記のFootwearがこれに該当しますね

2)次にChapter 64をクリック

Chapter 64 Footwear, gaiters and the like; parts of such articles

3)その中で対象になる靴の素材に応じて該当を探します

ちなみにPDFはこちらです

だいたいのアメリカでの上代を設定するのに、送料、関税、倉庫代は必須です

お役立てください

英語表記の必要な法定ラベルも今度ご紹介します

発送を通関業者を一緒にすることが楽でいいですが

メリットとデメリットがあります

こんどこちらもご紹介いたします

 

 

関連記事

  1. OEM製造業者を使う4つのメリット

  2. 【アメリカ展示会】一般的な費用はどれくらい必要?日本の展示会…

  3. ココシャネル名言

  4. 【アメリカビジネス】小さな会社を次のレベルに持っていく7つの…

  5. アメリカのメンター事情|メンターの役割

  6. 【アメリカビジネス】プロポジション65のリストを公開していま…